ロハスな情報:地域で活動する「市民リサイクラー」体験講座

ロハス(LOHAS)な講座

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2006年度なごや環境大学 共育講座 No.B-06

    〜「思い」を行動に!〜
地域で活動する「市民リサイクラー」体験講座

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

なごや環境大学は、市民・企業・大学・行政などが
環境に関する知識・経験・問題意識を持ち寄り、
まちじゅうがキャンパスになるよう、
市民講座やシンポジウムを展開する環境学習事業です。

-->なごや環境大学についての詳細はこちら http://www.n-kd.jp/

中部リサイクル運動市民の会では、
なごや環境大学の一環で下記の内容の体験プログラムを実施いたします。
リサイクルやボランティア活動に関心のある方は、ぜひご参加ください。

企画・運営:NPO法人中部リサイクル運動市民の会
日程:全5回(5/27、6/3、6/24、7/1、7/8)個別受講可
定員:各15名
受講料:800円/回(中R会員は200円/回)


●講座のねらい

中部リサイクルが主催する資源回収拠点「リサイクルステーション」での
ボランティア「市民リサイクラー」体験やリサイクル施設の見学を通じて、
自分が出した資源がどこでどのように処理されるかを知ることとができます。
講座終了後、希望者は市民リサイクラーとして登録していただき、
この地域で環境ボランティアとして活動していただくこともできます。


●スケジュール詳細(全5回)個別受講可

【第1回】「リサイクルステーションを知ろう!」

<日時> 5月27日(土) 10:00〜15:00
<内容>
 ・オリエンテーション
 ・リサイクルステーション参加
 ・市民リサイクラーインタビュー

【第2回】「回収されたびん・カンはどこへ行く?」

<日時> 6月3日(土) 10:00〜16:00
<内容>
 ・びんカンの中間処理施設の見学
 ・古紙問屋の見学

【第3回】「回収された古紙はどこへ行く?」

<日時> 6月24日(土) 10:00〜15:00
<内容>
 ・びんのカレット工場の見学
 ・製紙メーカーの見学

【第4回】「陶磁器リサイクルを知ろう!」

<日時> 7月1日(土) 10:00〜15:00
<内容>
 ・陶磁器リサイクルについての説明
 ・陶磁器リサイクル施設見学

【第5回】「回収された衣類はどこへ行く?」

<日時> 7月8日(土) 10:00〜15:00
<内容>
 ・古繊維問屋の施設見学
 ・反毛工場見学

※講座の日程・内容については一部変更する場合がございますので
予めご了承ください。


●申し込み・問い合わせ
 NPO法人中部リサイクル運動市民の会 担当:永田
 TEL: 052-339-5541 FAX: 052-339-5651
 mailto:nagata@es-net.jp


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


                 ロハスの意味?〜ロハスな風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 16:41 | 講座・イベント紹介です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。