ロハスな時間4

旅先で ロハス(LOHAS)を感じる・・・。

毎日朝起きてから夜寝るまで、家
一人でなにかしている時間は結構ある
のに、
日常のルーティンの中では、
ゆっくり周りが見える時間が見当たらない。

たまに
一人で旅をするとそれに気づかせてくれる。電車

歩きながら必死に携帯する人、人、人・・phone to
家財道具一切を纏めて器用に自転車を操るホームレス、バースデー
駐輪禁止区域に溢れるママチャリ、

ランチに入ったイタリアンレストラン、レストラン
止まらない派遣社員の愚痴と
元気な団塊世代のおじ様達の生きがい談義。

一人で歩くまちには
まちにあふれる会話やゴミや物の有様に急に気づく瞬間が
ある。exclamation×2

「そげんこつなか」
「よかよか・・」
「大丈夫、うまくいくとよ」
博多の梅雨の日、
聞きなれないイントネーションが
妙に優しく響いてくる。ぴかぴか(新しい)

周りを優しく感じられる時間、
人や社会の見えない繋がりを感じて、ほっとする。揺れるハート

だから、一人になる旅はいい。
寂しさと心細さの中で
日常から解放された時に見えてくるものがある。
その瞬間は、形にはならない。
でも、
それはきっと、
自分を見つける、
ロハスな時間だ。ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)





   ロハス(LOHAS)な風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 11:12 | ★ロハス、発見!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。