「ロハスデザイン大賞2006」授賞式、見てきました。

6月5日丸ビルホールで行われた
ロハスデザイン大賞2006」の授賞式を
見てきました。exclamation

写真は1階エントランスに展示されていた
ノミネート商品や人、ことの紹介の様子。
マスコミ映画優先の対応が露骨なスタッフの
適当なあしらいを受け、
そつなく並べた展示品を一通りみて回る時間、
20分くらい。目
特別関心を呼ぶものも、
ことも、
会場での出会いもありませんでした
(もちろん、写真でも分かるように、
 無駄のない、野暮ったくない展示はさすがでしたよ)
(具体的な内容はロハスクラブのHPでご覧くださいね)。

次に授賞式。パスワード
授賞式は
これまた機械的なスタッフの対応に
順応して行儀よく席につく観客からなる、
そつなく、こじんまり、よくまとまった会場で
有名人の仲間内の話を隣で聞いて得した気分を味わうような、
満足できる内容でした。
そうは言っても、
その中でも印象に残っていることが2つあります。かわいい
一つは、
基調講演をしたロハスクラブ理事の
福岡信一さんのお話。
「人はなぜ食べなければならないのか」というお話は
分子生物学者のロハス思考を集約していて、
面白かったです。
私たちエコライフオフィス中部が
目指しているロハス的な考え方の基本的な部分が
分子生物学の見地からも説明してくれていると
感じられる内容でした。ひらめき

もう一つは、
私を含めた観客たち。
どうみてもロハスのロの字も知らないビジネスマンから
ヨガかマクロビオテックスに芯まで浸かった先生みたいな人まで。猫犬モバQ
年齢は20台から50台くらいの雑多な人々が
妙に静かに授賞式を見ている様子は、
ロハスがどこに向かうのか、
ちょっと不安になるような、
そんな時間でした。たらーっ(汗)
もちろん、不安の裏には期待もあるのですが・・。

ということで、
ロハスデザイン大賞は第1回を終えて、
まずは仲間内から外へ少しだけ踏み出したって
ことのように思います。右斜め上
これからがどこに向かうのか見えてくることでしょう。
ソトコトが象徴するロハスデザインの
真価はこれからだと思いました。
外からじっくり観察しながら、
私たちエコライフオフィス中部は
私たちのロハス的なライフスタイルを
更に分かりやすく提供して
いきたいと決めた一日でした。ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

(静岡のとこちゃん)


ロハスデザイン大賞1.JPG


ロハス大賞UP.JPG



   ロハス(LOHAS)な風にのって〜トップへ


posted by cocoro潤 at 12:29 | ロハスなトピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。