ロハスな情報:静岡での学生向けファシリテーション講座開催

ロハスな情報

6月11日(日)に、静岡で学生・初心者向けのファシリテーション入門講座をやりました。

雨の日の日曜日という、ちょっと考えるとうっとおしい日で、会場の部屋も湿度がかなり高く、汗をかきながら講座になりました。

しかし、参加された方が皆さん熱心なかたで、とても楽しくできました。
今回は、今まで「即効テク20連発」だったものをバージョンUPして「速攻テク30連発」とした、初めての講座でした。

20連発でも、時間がなくて大変だったのに、30連発ですから、もっと時間がなくなるはずでしたが、そのあたりを事前に考えて講座を作りましたので、いつもと同じくらいの「時間のなさ」ですみました。

やはり、3時間半では時間が足りないですね。
もっと工夫が必要です。

静岡学生1の2.JPG


静岡学生3の2.JPG 




 ロハス(LOHAS)な風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 08:27 | (1)ファシリテーション講座

ロハスな情報:志賀さんのファシリテーショングラフィック

ファシリテーショングラフィックといえば志賀さんですね。

ファシリテーションで非常に大切なことは、 「議論を空中戦にしない」ことですよね。

ホワイトボードやB紙(模造紙)に議論を要約して書いていくテクニックをファシリテーショングラフィックといいます。

初めて志賀さんのファシグラを見たとき、本当に感激しました。
芸術ですね。

志賀さん.jpg

志賀さんのファシグラはまさに ロハス(LOHAS)なグラフィックです。


  ロハス(LOHAS)な風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 11:17 | (1)ファシリテーション講座

ロハスの心はいいなあ

結局、私がやりたいことは「ロハス的な心を広めて、優しい社会を作りたい。」ということなんです。むかっ(怒り)

エコライフオフィス中部の2大活動のひとつに、「優しい社会を作る活動の支援」というのがあります。
これと、ロハスとどう関係があるのかな?、とよく聞かれるんです。exclamation&question

つまり「優しい社会を作る活動の支援」とは、具体的には「ファシリテーションの普及」ということなんですが、私はファシリテーションはスキルもさることながら、その心が気に入っているんです。黒ハート

ファシリテーションの心は「人の話をよく聞く」こと。
これなんですね。
これが基本なんです。

いかに、「人の話をよく聞く」ことを大切にした
会議や活動を作っていくかということが、ファシリテーションのスキルであり、心なんですね。

ファシリテーションの普及のいうのは、周りの人を大切にする「ロハス的な会議」とか「ロハス的な活動」の普及といえるんです。わーい(嬉しい顔)







                  ロハスの意味?〜ロハスな風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 18:22 | (1)ファシリテーション講座

ロハスな情報:省エネのワークショップ

パンチ省エネ家電普及のワークショップのファシリテーターパンチ

尾張旭市の旭台の自治会が地域協議会を立ち上げました。 
そこの活動テーマが「省エネ家電の普及」でした。


私は、ここで行なわれた「省エネ家電の普及のたのワークショップ」
のファシリテーターをやりました。

この時のワークショップの特徴は、グループを属性ごとに分けたことです。 
ワークショップというと、いろいろな人が各グループに混じっておこなうことがよくあります。

今回はあえて、以下のようにグループを作りました。

1.主婦

2.シニア

3.シニア前

4.業者・議員

5.学生

シニア前というグループですが、実は旭台は、住人の高齢化が進んでいて
高齢者のかたが多いため、シニアのかたを、2つにわけたのです。
シニアよりも、少しだけ年の少ないかたを「シニア前」にしました。

結果はすごくおもしろかったですね。

とくに、私が目をつけた意見は、

□省エネ家電を普及するには「口込み」がいい。

□「省エネ家電って何?」わからない。
という二つでしたね。

□まず、口込みで広げようというのは、まさに、市民の意見ですよね。
行政さんの施策で、「口込み」ってわけにはいかないですもんね。
でも、実際はものごと「口込み」で広がるって大きなパワーなんですよね。
口コミをいかに作っていくかっていう作戦こそ、
市民参加でワークショップを開いた面白さではないでしょうか。ひらめき

□それから、主婦のグループからでたのが、「省エネ家電って何?」って意見です。

私たちは、省エネ家電のことを当たり前のように話をしてしまいますが、
実際には、この言葉がどのくらい広まっているかという、
基本的なことをきちんと見つめて考えていく必要があると思いました。exclamation

現在、各県の地球温暖化防止活動推進センターの活動に、
この省エネ化家電の普及が取り上げられていることが多いのですが、
こういった本当の市民の声を生かしていかなくてはと思いました。わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

省エネワーク1.JPG省エネワーク.JPG

エコあさピー.gif
エコあさピー あいさつ.gif


*詳しくは画像をクリック できる範囲で省エネをこころがけた生活は ロハス(LOHAS)なライフスタイルの基本ですね。    ロハス(LOHAS)な風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 11:56 | (1)ファシリテーション講座

ロハスな情報:市民と行政が一緒におこなう「実行委員」運営のコツ

市民と行政が一緒におこなう

「実行委員会」運営のコツ』


ということで、岡崎市の職員対象で、ファシリテーションの入門講座を開催しました。

土曜日の午後に開催ということで、休みをおして参加してくださっただけのことはあり、とても積極的な雰囲気の中でおこなうことができました。

残念だったのが、このファシリテーションの講座を受ける前におこなった「NPOと行政の協働についての講演」を聞いている人が少なかったことです。

このファシリテーションの講座は、「NPOと行政の協働についての講演」とセットになっているからです。

この講演を聞くと、なぜ、ファシリテーションのスキルが今、必要なのかということが理解できるからです。

岡崎ファシリサイト用.JPG

■問題です■

ある会議で、参加者の一人が以下のように発言をしました。

こういう発言のしかたにはちょっと問題があります。

何が問題なんでしょうか?exclamation&question

『先日、社長から「最近、客様へのサービスが低下していないか?」と指摘されてしまった。何かよい対策はないだろうか?』

わかったかたはメールで答えを送ってくださいね。

正解した方には、プレゼントが・・・あるわけではないですが、正解をお知らせいたします。

答えはこちらへ→

waiwai@ecolife-office.net

ロハスな情報:マーキーさんの講座

なごや環境大学で、私のファシリテーションの師匠(勝手にそういってます)のマーキー(青木将幸)さんのファシリテーションの講座を開催しました。

いつもながら、とても楽しくためになる講座でした。手(チョキ)

マーキーさんの講座の進行の仕方そのものが、みごとなファシリテーションですね。

マーキーハ真二人.JPG マーキーハ真全体.JPG

ロハスな情報:静岡県でのファシリテーションの講座

静岡県温暖化防止活動推進センター主催の、温暖化防止活動推進委員向けの研修で、ファシリテーションの講座をおこないました。

ファシリテーター入門1の1.JPG

とっても楽しくできました。

■問題です■

あなたが、ファシリテーターだったら、次のようなときにどうしまか?

「議論が熱中して、話し合いの収集がつかなくなりつつあるとき」

さあ、あなたならどうしますか?

*答えを思いついたかたは、メールくださね。
お返事します。




waiwai@ecolife-office.net


posted by cocoro潤 at 23:26 | (1)ファシリテーション講座

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。