ロハスなイベント:フィリピンごみの山

ロハス(LOHAS)な企画です。

私の友人の、アジア日本相互交流センター(ICAN)奥村祥子(さっちゃん)からの連絡です。


7月8日(土)にパヤタスのごみ山崩落事故から6年目の追悼イベントを
行います。他の団体では撮ることのできない、現地の最新情報を
映像で流したり、ICANとパヤタスの住民の人たちとが共に歩んできた
過去6年間を振り返るイベントです。ぜひご参加ください!

-----------------------------------------------------
フィリピン・パヤタスで起きた「ごみ山崩落事故」から6年

〜 映像で見るフィリピン 〜

http://www.ican.or.jp/disaster_in_payatas.html
-----------------------------------------------------

パヤスタ.JPG

2000年7月10日、パヤタスのごみ山が崩落し、多くの住民が生き
埋めになり、230名以上の命と多くの家族、家々を失う忌まわしい
災害が発生しました。それから過去6年間、ICANは住民の人たちと
共に考え、歩んできました。
あの崩落事故から私達はどのような教訓を得たのでしょうか。
今回のイベントを通して、より多くの方に、日本から数時間で行ける
場所には、今でもごみ山で暮らす住民がいるという現実を知って
いただきたいと思っております。
そして「私にできること」を考えてみませんか。

会場ではパヤタスのお母さん達が作ったフェアトレード商品
の展示や、パヤタスの写真展を行います。


+日 時  2006年7月8日(土)18:30〜21:00
+参加費 先行予約 800円/当日 1,000円
+会 場  なごやボランティアNPOセンター 第一研修室
       名古屋市中区栄1-23-13 伏見ライフプラザ12階
+申 込  FAX・・・052-582-2244  
       Eメール・・info@ican.or.jp

【特典】
・先行予約をしていただいた方には
 ICANオリジナル「パヤタスポストカード」をプレゼント!!
・事故発生時の様子や新聞記事、現在の状況などをまとめた
 過去6年間を振り返る報告書をプレゼント!!

*諸費用を引いた全額をパヤタスのコミュニティケアセンター
  改築に使用させていただきます。

*どなたでも参加できますので、
  ご不明な点は下記までお気軽にお問い合わせください。


◆◇主催・お問い合わせ◇◆
(特活)アジア日本相互交流センター(ICAN)
電話&FAX : 052-582-2244  
Eメール:info@ican.or.jp HP: http://www.ican.or.jp/

・−・−・−・−・−・−・− ・−・−・−・−・−・−・− ・−・−・−・−・
パヤタス地区にある「ごみ山」
http://www.ican.or.jp/payatas.html 

80年代にケソン市にあったコミュニティ(不法居住地)で立ち退きに
遭った多くの人々が、再定住地先としてパヤタスに連れてこられました。
その後、隣接した場所にもごみ処分場ができ、毎日1500台もの
トラックがごみを運びいれ、悪臭や汚染などが住民の生活環境の
悪化をもたらしています。そのゴミ捨て場の周辺には約1万人の低所
得者層が居住しており、住民の2〜3割はごみ処分場で拾った
リサイクルできるものを換金することで生計を立てています。
・−・−・−・−・−・−・− ・−・−・−・−・−・−・− ・−・−・−・−・


アジア日本相互交流センター(ICAN)
奥村祥子





   ロハス(LOHAS)な風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 11:34 | 講座・イベント紹介です

ロハスな情報:農山村と都市の協働・共生の「ネットワークと拠点」を創る

ロハス(LOHAS)な企画

農山村と都市の協働・共生の「ネットワークと拠点」を創る。
−都会のど真ん中に協働のプラットホームをー

                はじめに。−本事業の趣旨。

早速ですが、1998年から2000年まで、まちづくり交流フォーラムという事業を東海3県をベースに実施したことがあります。その時から、標記のテーマは大きな課題でした。

こういう事態に愕然とします。
昨年、愛知県北設楽郡(豊根村・東栄町)でまちづくりに関する会議を開催しました。豊根村は、戦後直後、人口4500人ほどでした。現在隣村の富山村と合併し1600人です。高齢化率40%とのこと。面積は名古屋市の1/2程度でしょうか。
約93%が森林です。まだまだ、人口は減る一方との予測が出ています。森林を保全する力は豊根村の中からは消えました。都市へ人が移動していきました。日本全国で起きたことだと思います。山村の崩壊が何をもたらすもか、都会に住む者としては、かなり背筋が凍る思いを持ちます。

農山村に資金を落とすからといって、観光で訪れて、ゴミくずと騒音を残して帰っていくような関係はヤメた方がいいとして、では、どういう関係が可能なのか、継続的に成り立つためには経済的な裏付けが必要だと思われます。どうすればそういう関係が作れるのか、その課題解決に実践的にアプローチしてみたいと思います。
折りしも、農山村から都会に大量に出てきた団塊世代が定年を迎えます。「故郷が気になる。定年後は農山村と関わりを持ちたい。」と答える方がたくさんおられます。農山村への思いがどう形になるのか、そのような方々と一緒にアプローチ出来ないか、と考えています。

都市と農山村の関係作りについて、イメージは、名古屋駅前や栄に都市・農山村側共同のアンテナショップ・プロモーションセンターを作り、そこに農山村情報を集め、都会側がそこをコーディネートし、都会人を引きいれ農山村へ送り出す、また、都会のニーズを農山村へ発信する、というようなことです。
農村側から都会に対して、言いたいこと、提案したいこと、都会が農村に対して期待すること、出来ること、そういう両方からの事情を突合せをすることから始めようと思います。少人数でいいのでじっくり議論し、形に出来ることにしたいと思っています。20人30人程度でも構いません。問題意識を共有できる者で始めたいと思います。

この作業に参加し、思いを形にしていくことを協働して頂ける方、ぜひご連絡ください。

                       2006年1月   (特)ボランタリーネイバーズ理事長 大西 光夫


一、4月16日ワークショップ

■2006年4月16日、東海三県の行政・企業・NPOに所属するが、個人的関心を共有する者たちが集まりワークショップ討論しました。およそ40名の集まりでした。

●Aグループ(愛知県東栄町森田昭夫町長を囲んで)、
●Bグループ(岐阜県白川町大豆畑トラスト事務局西尾勝治さんを囲んで)
●Cグループ(三重県熊野市(有)杉本農園社長杉本末喜さんを囲んで)






   1)4月16日ワークショップ討議資料用「企画構想」案
      
   2)討議の状況(概要)
     @、グループ討論の記録
     A、全体交流討論の概要



二、参考資料
   1)北設楽の実態調査(愛知県。2005年度)(4月16日のワークショップで使用させて頂きました。)
      @概要版
      A報告書

   2)団塊世代とNPO・社会貢献活動とのマッティングモデル開発事業(2005年度、VNS受託事業)
     愛知県及び潟gヨタ自動車の団塊世代職員に対して、NPO・社会貢献活動とのマッティングプログラムのモデル開発を行った事業。セミナー・現地見学・体験プログラムなどで構成されている。
      @、事業概要&「事業報告書」


                 ロハスの意味?〜ロハスな風にのって〜トップへ

posted by cocoro潤 at 16:44 | 講座・イベント紹介です

ロハスな情報:マーキーの東京の研修

ロハス(LOHAS)な講座

6月17、18日に「ミーティング・ファシリテーター講座・入門編」を行います。

実に2年ぶりの「2日間の講座 in 東京」です。
初心にもどり、かつ、さらに磨きをかけ、内容を充実させて行います。

丸2日間かけて会議の進行役についてみっちり学ぶこの講座は、僕のファシリテーター
人生を始める原点とも言えるワークショップです。

「会議を変えれば社会は変わる!」と僕は考えています。
自分が関わる団体や地域の会議をよりよくしたいと思う方は、ぜひご参加ください。


また、
以下の広報文を、お仲間、お知り合いなどに転送していただけると、
とてもうれしいです

今後とも、どうぞよろしくおねがいします


※以下、転送転記歓迎いたします・・・・

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■□ ミーティング・ファシリテーター講座【入門編/東京】参加者募集!
〜 会議上手になりたいあなたへ 〜
―――――――――――――――――――――――――――――――――□■

仲間といっしょに活動するときは、会議(ミーティング)はつきものです。
でも会議ってなかなか進まなかったり、だれかの意見が強すぎたり、
新しく参加した人が発言しにくかったりしませんか? 
同じことを繰り返しなんども議論したり、
参加するたびにぐったりしてしまう会議だったりしませんか?

この講座では、
メンバーひとり一人の参加を促し、個々人の発言や持っている力を引き出しながら、
プロジェクトを前に進めていく会議を目指します。
この参加型会議の進行役をになうのが
「ミーティング・ファシリテーター」という役割です。

この2日間は、
ミーティング・ファシリテーターに関しての具体的な技法について学び、
実践を通じて身につける時間にしたいと思います。
「ファシリテーターは一日にしてならず」と言って、
1泊2日の研修ですべてが身に付くというものではありませんが、
これをきっかけに、ともに会議上手をめざしませんか? 

「参加型の団体運営をしたい!」「参加型の社会をつくりたい!」
というあなたの参加をおまちしています。


■日 時
 2006年6月17日(土)13時00分 〜 18日(日)17時
  
■会 場
 東京都新木場/BumB東京スポーツ文化館
 会場tel:03-3521-2551/住所:江東区夢の島3-2
 (JR&東京メトロ新木場駅より徒歩15分)
 http://www.ys-tokyobay.co.jp/koutsu.html

■対 象
・自分が関わる団体の会議を、より参加型で実効性のあるものに変えていきたい人
・研修の成果を活かすためにも、
  一団体から2名以上参加なさることをおすすめいたします
・「会議経験のまったくない方」「活動の実践をしない研究目的の方」には
  参加をご遠慮いただく場合があります

■定 員 20名
(定員となりしだい、締め切りとさせていただきます。
 お早めにお申し込みください)

■参加費 (宿泊費を含みます。食費は含みません)
 1:基本価格     18,000円
 2:営利セクター価格 36,000円

・青木将幸は「持続可能で平和な市民社会をつくりたい」と考えて、この講座を開催
しています。なので、環境、国際、ジェンダー、人権、福祉、子育て支援などをテー
マに活動するNGO,NPO,ボランティアグループに関わっている人の参加を優先させてい
ただきます。
・一般の営利企業の会議をよりよくしたい方や、コーチングやコンサルティングを仕
事になさっている方で、参加をご希望の方は上記の「営利セクター価格」にてご参加
ください。
・なお、学生の方や「収入が少なくて、こんな参加費を払えないよー」という方は、
事務局までご一報ください。活動内容や思いなどをお伺いしたうえで、割引のご相談
に応じます。

■参加費のお振り込みについて
・お申込み後、お申し込みを受理した旨のご連絡(参加要項)をお送りします。
・6月3日以降でのキャンセルは、キャンセル料を申し受けます。ご注意ください。
 (6/3以降=参加費の50%、17日当日=100%のキャンセル料を申し受けます)

■プログラム
<一日目・17日>
12:40 受付
13:00 プログラム開始・オリエンテーション
14:00 セッション1【ファシリテーターとは?】
16:00 セッション2【会議実習】
19:30 夕食をかねた交流会
21:00 プログラム終了、入浴 + オプション:交流会              
  
<二日目・18日>
9:15 セッション4【会議実習:つづき】
12:00 昼食
15:00 セッション5【ふりかえり:現場にもちかえるために】
17:00 終了

■学習項目(こんなことを、学ぶ予定です)
いい会議とは? ダメな会議とは?/会議上手になるために必要な役割
ファシリテーターとは?
会議におけるファシリテーターの役割/参加者のあり方/
どうすればみんな発言するのか? /意見が割れたらどうすればいいのか?/
合意形成のポイント/時間どおりにすすまないときはどうするか/
休憩・中断・介入のしかた/会場のつくり方/ファシリテーターの7つ道具/
進行役の能力を高めるための基礎トレーニング/参考になる本の紹介 など。

※学習項目は予定です。参加者のみなさんの関心や実習のすすみ具合などにしたがっ
て、変更していきます。

■ファシリテーター 青木 将幸(あおき・まさゆき) 
略歴:1976年生まれ。94年より、学生環境サークル、エコ・リーグ、A SEED JAPANな
どで、オゾン層、森林、地球温暖化、若手リーダーの育成などをテーマに活動を開始。
市民活動の人材育成団体「POWER〜市民の力〜」のトレーナー、企画会社ワークショッ
プ・ミューのプランナーを経て、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。
フリーのファシリテーターとして、全国の市民団体の会議を外部ファシリテーターと
して進行したり、会議に関する研修を行っている。

■主催:青木将幸ファシリテーター事務所

■お申し込み&お問い合わせ先
お申し込みの方は、以下のサイトの専用フォームをご利用ください
http://www.aokiworks.net/pm/postmail.html

また、お問い合わせは、以下のアドレスへお気軽にご連絡ください
mtg060617@aokiworks.net(事務局:青木京)

--------------------------------------------

以上です。宜しくお願いします!


=========================
■青木将幸ファシリテーター事務所/青木将幸・青木京
〒181-0003東京都三鷹市北野4-2-26-102
03-3308-5427(電話&Fax)
office@aokiworks.net(代表)
mtg060617@aokiworks.net(この講座専用アドレス)
http://www.aokiworks.net/
=========================

                 ロハスの意味?〜ロハスな風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 16:43 | 講座・イベント紹介です

ロハスな情報:地域で活動する「市民リサイクラー」体験講座

ロハス(LOHAS)な講座

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2006年度なごや環境大学 共育講座 No.B-06

    〜「思い」を行動に!〜
地域で活動する「市民リサイクラー」体験講座

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

なごや環境大学は、市民・企業・大学・行政などが
環境に関する知識・経験・問題意識を持ち寄り、
まちじゅうがキャンパスになるよう、
市民講座やシンポジウムを展開する環境学習事業です。

-->なごや環境大学についての詳細はこちら http://www.n-kd.jp/

中部リサイクル運動市民の会では、
なごや環境大学の一環で下記の内容の体験プログラムを実施いたします。
リサイクルやボランティア活動に関心のある方は、ぜひご参加ください。

企画・運営:NPO法人中部リサイクル運動市民の会
日程:全5回(5/27、6/3、6/24、7/1、7/8)個別受講可
定員:各15名
受講料:800円/回(中R会員は200円/回)


●講座のねらい

中部リサイクルが主催する資源回収拠点「リサイクルステーション」での
ボランティア「市民リサイクラー」体験やリサイクル施設の見学を通じて、
自分が出した資源がどこでどのように処理されるかを知ることとができます。
講座終了後、希望者は市民リサイクラーとして登録していただき、
この地域で環境ボランティアとして活動していただくこともできます。


●スケジュール詳細(全5回)個別受講可

【第1回】「リサイクルステーションを知ろう!」

<日時> 5月27日(土) 10:00〜15:00
<内容>
 ・オリエンテーション
 ・リサイクルステーション参加
 ・市民リサイクラーインタビュー

【第2回】「回収されたびん・カンはどこへ行く?」

<日時> 6月3日(土) 10:00〜16:00
<内容>
 ・びんカンの中間処理施設の見学
 ・古紙問屋の見学

【第3回】「回収された古紙はどこへ行く?」

<日時> 6月24日(土) 10:00〜15:00
<内容>
 ・びんのカレット工場の見学
 ・製紙メーカーの見学

【第4回】「陶磁器リサイクルを知ろう!」

<日時> 7月1日(土) 10:00〜15:00
<内容>
 ・陶磁器リサイクルについての説明
 ・陶磁器リサイクル施設見学

【第5回】「回収された衣類はどこへ行く?」

<日時> 7月8日(土) 10:00〜15:00
<内容>
 ・古繊維問屋の施設見学
 ・反毛工場見学

※講座の日程・内容については一部変更する場合がございますので
予めご了承ください。


●申し込み・問い合わせ
 NPO法人中部リサイクル運動市民の会 担当:永田
 TEL: 052-339-5541 FAX: 052-339-5651
 mailto:nagata@es-net.jp


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


                 ロハスの意味?〜ロハスな風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 16:41 | 講座・イベント紹介です

マーキーの講座

青木将幸ファシリテーター事務所の青木将幸(マーキー)です
こんにちは
僕が関わっている公益・非営利支援センター東京(通称:はむ)の

2006度前半の講座のご案内をお届けします
青木将幸の「研修を企画する7つの心得」を皮切りに、
「質の高い研修をつくろう!」というシリーズで講座を行います
ぜひご参加ください! 転送転載大歓迎です!

---------------------------------------------------------------------------
はむマネジメントファクトリー2006
「質の高い研修をつくろう!」
―『満員御礼、効果倍増』そんな研修のつくり方を学ぶシリーズ講座ですー
----------------------------------------------------------------------------

■■■ Part1【研修を企画する7つの心得】■■■

こんにちは。公益・非営利支援センター東京(通称:はむ)の青木将幸です

「不肖青木将幸。研修のつくりこみに関しては、誰にも負けない自信があります。」

とまでは偉そうに言えませんが、、、思えば19才のころから、僕は研修を企画し、進
行してきました。

学生時代は、環境問題に関わる同世代の仲間たちを対象に、サークルの作り方、運営
の仕方に関する研修を、開発・実施してきました。
また、学校を卒業してからも、「ミーティング・ファシリテーター入門講座」をはじ
め「アイスブレイク100連発」「ファシリテーション・グラフィックを学ぼう!」など
を主催してきました。
自分自身が講師を務めることもありますが、「ロジを究める!」「上手なものの頼み
方」「ミニカウンセリング研修会」などでは、すばらしい講師をお招きしての研修を
企画・進行してきました。
環境、国際、福祉などの分野に関わるNPOをはじめ、PTA役員や自治会長、労働組合の
メンバーなどを対象にした研修を企画したこともあります。

いくつもの挑戦と失敗を繰り返してきました。

そんななか、多くいただいた言葉は「研修の作り方自体が面白いですね」「こんなに
面白くて、かつに役立つ講座を私も企画したいです」という言葉です。僕自身、心を
こめて企画してきた講座なので、本当にありがたい限りです。

というわけで、今回の講座では、研修の企画部分について、僕自身がこれまで学び得
てきたことを整理して、みなさんにお伝えさせていただければと思います。

この講座を皮切りに、「人が集まる研修の広報」「講師の選び方、活かし方」「研修
のロジを究める」「研修の評価はいかにしてあるべきか?」など、僕が信頼するはむ講
師陣によるシリーズ講座が始まります。そちらも、どうぞ、お楽しみに。

それでは、研修の企画に関わるみなさんの参加を心よりお待ちしています。

■■■「質の高い研修をつくろう!」
■■■ Part1【研修を企画する7つの心得】

■と き:2006年5月25日(木) 18:30〜21:30 
■ところ:国立オリンピック記念青少年総合センター  
■講 師:青木将幸
■参加費:3,000円
■定 員:25名
■主 催:公益・非営利支援センター東京(通称:はむ)
http://www.geocities.jp/center_tokyo/index.html

■学習内容
・研修とは? 企画とは?
・つまらない研修は、どこがダメなのか?
・研修を企画する一連のプロセス
・参加意欲を高める企画のつくり方 
・ニーズをつかむ、ニーズを深く読む、本当のニーズの見分け方
・研修のタイミング
・研修後のイメージを持つ
・評価を見こして企画をつくる
・「アイスブレイク100連発!」はいかにして企画されたか?
・アンテナ高く、腰低く

※学習項目は予定です。
 参加者のみなさんの関心や実習のすすみ具合などにあわせて、変更していきます。

■講師 青木 将幸(あおき・まさゆき) 
略歴:1976年生まれ。94年より、学生環境サークル、エコ・リーグ、A SEED JAPANなど
で、オゾン層・森林・地球温暖化・若手リーダーの育成などをテーマに活動を開始。
市民活動の人材育成を専門に行う市民団体「POWER〜市民の力〜」のトレーナー、企画
会社ワークショップ・ミューのプランナーを経て、フリーのファシリテーターとして
独立(http://www.aokiworks.net/)。主に市民活動団体を対象に、「会議」や「コミュ
ニケーションのあり方」などをテーマにした研修を実施している。
A SEED JAPANの人材育成担当理事、公益・非営利支援センター東京のトレーナー。

■お申込・お問合せ
お申込みの方は、下記フォームにご記入の上、事務局へお送りください。
お問合せにつきましても、事務局までメールにてご連絡ください。

※お申込みをいただきました後、当方から受領確認の連絡を差し上げます。
 もし、1週間経っても連絡がない場合は、お手数をおかけしますが、
 お電話にてお問合せください。

-------------------------------------------------
■お申込みフォーム

※Eメール・FAX件名= 研修を企画する7つの心得(氏名○○○○)

※送信先:Eメール;f-chari@tea.ocn.ne.jp(水野史子)
     FAX:047-381-6040(IIHOE内)

・お名前(ふりがな):
・所属団体:
・年齢:
・メールアドレス:
・ご住所:
・お電話番号:
・ふだんどんな研修を企画していますか?:
・今回の講座で知りたいこと、得たいこと:
・この講座を何を通してお知りになりましたか?
(例:○○さんの紹介、××のメールマガジンなど)

-------------------------------------------------

●はむマネジメントファクトリー2006「質の高い研修をつくろう!」
 〜『満員御礼、効果倍増』そんな研修のつくり方を学ぶシリーズ講座〜
 次回以降のラインナップ。お楽しみに!

※シリーズ講座ですが、単発でのご参加も大歓迎です

■■■ Part2
■■■「人に伝わる広報文を創るコツ」
講師:吉田 / 進行:川中
開催日:6月18日(日)/ 13:30〜17:00
会場:調布市民プラザあくろす・市民活動支援センター
参加費:5,000円

■■■ Part3
■■■「講師の見つけ方.口説き方.活かし方」
講師:川中
開催日:6月18日(日)/ 18:00〜20:30
会場:調布市民プラザあくろす・市民活動支援センター
参加費:3,000円

■■■ Part4
■■■「ロジを究める!〜研修の事務方〜」
講師:棟朝 / 進行:水野
開催日:7月7日(金) / 18:00〜20:30
場所:東京ボランティア・市民活動センター
参加費:3,000円

■■■ Part5
■■■「研修の評価の視点から次の企画へ」
講師:坂本+今までの講師
開催予定日:12月某日
会場・参加費:ともに未定 講座後、忘年会をする予定です!


以上です。よろしくおねがいします!

=========================
■青木将幸ファシリテーター事務所/青木将幸・青木京
〒181-0003東京都三鷹市北野4-2-26-102
03-3308-5427(電話&Fax)
office@aokiworks.net(代表アドレス)
http://www.aokiworks.net/
=========================

ロハス(LOHAS)な講座でした。





ロハス(LOHAS)な風にのって〜トップへ

                                            
posted by cocoro潤 at 11:33 | 講座・イベント紹介です

ロハスな情報:「ごみゼロサミット2006」(静岡)

◆「「ごみゼロサミット2006」が静岡で開催されます。

開催日 2006年5月28日(日)
13:30〜16:30
会 場 アイセル21(静岡市)1階ホール
※入場無料
主催 「ごみゼロサミット2006」実行委員会
(代表 佐藤 伸幸・東海大環境サークルE.C.O.前代表)
ごみゼロサミット2006事務局(壷阪)
TEL&FAX 054-257-3177 Email:mirai2@bj.mbn.or.jp

↓チラシです


http://www33.ocn.ne.jp/~gomizeronet/gomizero/2006gomizerosamit.pdf

                     
ロハス(LOHAS)なイベントです。



                  ロハスの意味?〜ロハスな風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 10:47 | 講座・イベント紹介です

ロハスな情報:アースデイ

これぞ ロハス(LOHAS)なイベントだあ。 頑張れ!アースデイ愛知!手(グー)

アースデイには私は直接関わってはいないのですが、

愛・地球博のときに、「エコライフプラザ」という、

エコなお買いもの情報発信スペースの運営を

私と一緒にやった若者2人が「アースデイ愛知」をやっているのです。

頑張ってますexclamation

彼らはエコライフプラザをやっていた当時、

毎日本当に大変だったのに、プラザが終わってから、

毎日のように仲間と飲み歩いていて、

そのバイタリティには本当に驚かされたものです。むかっ(怒り)むかっ(怒り)



■アースデイ愛知■

アースデイ愛知main1.gif

*詳しくは画面をクリック



■アースデイ東京■

アースデイmain_top_23.jpg

*詳しくは画面をクリック    ロハス(LOHAS)な風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 22:36 | 講座・イベント紹介です

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。