ロハスな情報:行政職員向けファシリテーション講座

行政職員向けのファシリテーションの講座は、私の今までの経験から

 「NPOと行政の協働」   


という切り口で開催するのが一番、効果がでると思っています。

■また、そのためには、「NPOとは何か?」ということの説明が不可欠です。
そのあたりを踏まえると、「協働」ということで1日、ファシリテーションで1日として、2日は必要です。exclamation

*本来は3日間で、最後の1日で実習的なトレーニングをいれたいところです。

■とくに、最近よくやられている「市民参加で何かをやる」場合、市民と行政で「実行委員会」のような会議を作りますよね。

その、実行委員会の運営のコツを20項目に分けて、ワークショップに形式で学んでいきます。

これは役にたちます。パンチ

この講座は間違いなく役に立ちます。パンチ

即効性も抜群です。パンチ


【質問です】

□NPOって何ですか?
□NPOは利益を上げていいのですか?
□「基本計画を作る時に、市民にアンケートをとりました」これは市民参加といえるんですか?
□NPOが行政から委託を請けた事業の場合、NPOと行政は対等といえるのですか?
□市民と行政が一緒にやる会議で、ある人が一人で発言ばかりしています。どのように対処しますか?
□発言が長い人がいます。どのように対処しますか?
□会議の時間になっても参加者の集まりが非常に悪い場合、あなたはどう対処しますか?

□議長と司会とファシリテーターの違いがわかりますか?

 

さあ、あなたは以上の質問に自分なりの答えをもっていますか?

そういったことが、すっきりわかる講座です。

それらを参加・体験型で一緒に考え学んでいきます。











                  ロハスの意味?〜ロハスな風にのって〜トップへ
posted by cocoro潤 at 07:54 | ◆◆◆仕事の依頼◆◆◆

ロハスな情報:企業向けファシリテーション講座の例

日産が立ち直ったのは1000人のファシリテーターのおかげ!

日産自動車が起死回生で立ち直ったのは、すごいことでしたね。

本屋に行くと、それを指導したゴーンさんの手腕に関する本がたくさんでています。

そういった本の中でも、あまりかかれていないのが、日産は事業を立て直すために、
社内に1000名もの「ファシリテーター」を作ったということです。

外部のコンサルにまかせなくても、内部の人間で解決できると判断したのが、ゴーンさんのすごいところなんですね。exclamationexclamation

■そして、その内部の力を実際に現場で引き出したのが、内部の「ファシリテーター」なんです。

この発想が大切なんですね。
外から、コンサルタントやファシリテーターを呼んでなんとかしようとするのではなく、自分たちでなんとかしようという気持ち。
それこそが、これから求められていく発想だと思います。

■私が狙うのもそこです。
プロのファシリテーターに入ってもらうのではなく、社内にファシリテーターを養成していく。
そうすれば、継続的に問題解決のシステムができあがるわけで、しかも、自社の問題は、自社で解決しようという風土ができあがります。

企業向けのファシリテーション講座は

「合意形成型会議による、問題解決の手法」

というテーマで、問題が起きた時に、社長が解決するのではなく、社員がお互い能力をフルに出し合うことにより、解決していくことを目指します。

*社員が解決するといっても、企業の場合は、それを実際に実行するかどうかの最終決断は、社長なりのその権限を持つ人になります。

【質問です】
□社風を変えていくのは大変です。まず、何から取り組みますか?
□発言された内容が、なんか変だなあと感じるときがありますよね。「なんか変だなあ」というのは、発言の何が原因なんでしょうか?
□参加者全員が発言してくようになるために、ファシリテーターが使うテクニックにはどん手法がありますか?
□議論が白熱して、収集がつかなくなってきました。あなたが、会議のファシリテーターなら、どのような手を打ちますか?
□意見の食い違いがでています。話し合いでもなかなか合意点が見出せなくなったときに、あなたがファシリテーターなら、どんな手を打ちますか?
□カードを使って意見を引き出す場合に、気をつけないといけないことは何ですか?
□グループを作る場合、1グループの人数は何人がいいのでしょうか?
□ファシリテーターをやるときに、一番気をつけることを、一つだけあげるとすると何ですか?

議長でもない司会でもないファシリテーター。
しかし、いくらテクニックを学んでも、実際の会議の場面は多用です。
すべての場面について、学ぶことはできません。

でも、大丈夫です。手(パー)

ファシリテーターの「心」をきちんと理解しておけば、テクニックの応用が利くようになるのです。
本講座では、即効性のあるファシリテーションのスキルとともに、それを学ぶ課程で、ファシリテーションの根本にある「心」を理解し身に付けていきます。

「会議は会社の縮図である」

会社を変えるには、まず会議のあり方を変えることです。

ファシリテーターによる、合意形成型の会議に変えることは、問題を解決するだけでなく、会社の雰囲気そのものも前向きに大きく変えていくことになります。
パンチ




  ロハス(LOHAS)な風にのって〜トップへ

posted by cocoro潤 at 20:23 | ◆◆◆仕事の依頼◆◆◆

仕事の申し込みはこちらから

エコライフオフィス中部は、「ゆったり、じっくり、優しい暮らしへ」を合言葉に、

そんな暮らしができる社会になるように活動したいと思っています。

下記の内容で、仕事の依頼がありましたら連絡をください。


■連絡先■

waiwai@ecolife-office.net

パンチファシリテーション講座
パンチ合意形成型問題解決ファシリテーション講座
パンチ新人研修等 各種研修全般、講座、ワークショップの企画・運営
〇コミュニケーション講座
〇NPOと行政の協働コーディネート&講座&ワークショップ
〇市民活動等活動力アップ講座
〇プレゼンテーション&講義力アップ講座
〇地球温暖化講座(学校向け、一般市民向け)
〇エスコ事業・省エネセミナー(企業向け、NPO向け)
〇エコアクション21セミナー
〇環境講座(ゴミ、リサイクル、グリーンコンシューマー、ロハス、フェアトレード)
〇「木を植えた人」朗読講演
posted by cocoro潤 at 14:09 | TrackBack(0) | ◆◆◆仕事の依頼◆◆◆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。